www.webcommdesigns.com
普通の初めての方向けの外為のテキストでは「マイナスになった状況ではナンピン買いして全体の平均の買い付けコストを低くする事が出来る」などと助言されていたりする事もありますが実際はこれは大きな落とし穴が隠れています。まず、ナンピンの仕組みに関して手短に記述しておきます。例として1ドル100円でドルを買ったとします。$買いだから、ドル高になれば黒字が出るわけですが運悪く1ドル95円まで円高・ドル安方向に向ったとします。その状態でポジションを保持し続けたら、損がなくなるまでには損失分、ドル高に動く必要があります。損は早く0にしたいと願うでしょう。この状況を打破するためはじめに注文したのと同じ額の$(ドル)を、1ドルを95円でエントリーします。それによって、ポジションの価格は97円50銭まで低くする事が出来ます。半分の幅でドル高に推移すれば損失を失くすことが出来ます。これが、ナンピン買いの原理です。このように、ナンピン買いの理論を目にすると「納得だ」という気分になるが相場は易々と思った通りにはなりません。最初から、1ドル=95円が底だということなど誰一人として分かりません。例として、外国為替市場がかなり強い円高ドル安トレンドだとしたら、1ドル95円ではとまらず、一段の円高が進む危険性はあります。仮定として、97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず、1ドル=95円まで円高ドル安が進んだらナンピンしたポジションについても損失が生まれます。その状況では、最初に買ったドルと一緒に、為替差損が生じる事になります。このように、ナンピンは難しいのだ。それなら、市場が自分自身のシナリオとは逆にすぐに進む場合、どの術で危機の確率を管理すればいいのでしょうか。この場合取れる道は2つ。まずひとつめは潔くポジションを閉じる事です。もうひとつの選択肢としてはその時点で、あなたが所持している買いポジションを減らす事で改めて市場が戻るのを動かないで待つことだ。控えめな対策だと感じる人もいるだろう。だが、持っている買いポジションに損が出た時妥当な手法はこの他にはあるはずがありません。言うまでも無く、机上では、ナンピンをする術もありえます。だがしかしナンピン買いは自分かマイナスになっているにもかかわらず買いポジションを整理するどころか反対にポジションを重ねていく手段です。それでは、危機をコントロールすることなど、到底無謀だと思ったほうかいいだろう。ナンピンをしていけばいずれは損失が回復するかもしれません。けれども、そうなる前にお金がショートしてしまいます。